So-net無料ブログ作成
最近の話題から ブログトップ
前の5件 | -

素行不良の外国人留学生、続々と日本に上陸中 [最近の話題から]

「これほど増えるとは予想していませんでした」――ここ数年、法務省入国管理局も驚くほど、日本への留学生が増加している。

 2015年度はついに20万人の大台を超えた。背景には2008年に日本政府がぶち上げた「留学生30万人計画」がある。優秀な留学生を取り込む一方で、将来の人口減少を外国人材の定住で補おうという政策だ。

 しかし、日本語学校の一部からは「“問題留学生”はもういらない」という声も聞こえてくる。九州の日本語学校で日本語教師をしていたAさんは、「留学生の数は、もはや管理能力を超えています。お手上げ状態です。日本語教師や職員の負担は増えるばかりで、私も体を壊して辞職しました」と打ち明ける。

 「留学生が引き起こす近隣住民とのトラブル、ケンカ、窃盗、果ては強姦未遂。こんな状況が続けば、あの日本語学校は不法行為を行う外国人の温床になってしまいます」とAさんは危機感を募らせる。

 当時、Aさんは日本語の指導だけではなく、学生の生活指導の責任者も務めていた。留学生を生活指導する難しさをAさんはこう語る。

 「ゴミを分別しろと言ってもやらないし、スーパーの傘立てに置いてある他人の傘をサービスと勘違いし勝手に持ちかえることもしょっちゅう。そんなのはまだかわいいほうで、隣の部屋の音に腹を立ててナイフを持って脅しに行ったり、不法就労の仲介人と結託して日本国内を逃げ回る留学生もいました」
■ 「適正校」制度で荒稼ぎする日本語学校

 こうした問題留学生が増えた原因はさまざまだが、関西のある日本語学校の職員Oさんは、直接的な原因は経営側にある指摘する。

 「当校では、どんな留学生でもいいからどんどん入学させろと経営幹部が指示するんです。実は当校は他校よりも留学ビザが下りやすい。これを利用して儲けない手はないというわけです」

 他校より留学ビザが下りやすいのは、この日本語学校が「適正校」に認定されているためだ。日本には入国管理局の一定の基準をクリアした適正校が約550校ある。適正校の認定があれば、ビザ申請に必要な書類の種類はほぼ半分で済む。

 適正校になるには、不法残留の発生率を5%以下にとどめることが条件だ。経営者の中には適正校の認定を死守するために、留学生全員のパスポートを取り上げて学生を管理するところもあるという。

 「当校の経営陣は利益最優先です。教育理念があるとはとても思えません」(Oさん)

 通常、日本語学校の1クラスの定員は20人だが、中には売り上げを増やすためにそれ以上の人数を詰め込むところもある。入国管理局は日本語学校に、留学生をきちんと選抜するよう繰り返し要請しているが、当の日本語学校は馬耳東風だ。

■ 現地の問題児が入学してくる

 問題留学生が増加した原因をさらに探っていくと、入管法の緩和に突き当たる。「留学生30万人計画」の発表直後に行われた2009年の入管法の改正で、それまでと比べて外国人が日本に留学しやすくなったのだ。

まず「適正校」ならば、留学ビザの発給に必要な提出書類の種類が、実質的に従来の約半分で済むようになった。また、従来は一度日本に渡航しなければ認められなかった入学も、「渡日前入学許可制度」の利用でその必要がなくなった。

 ここ20年で、入管法が大幅に緩和されていることは間違いない。身元保証書もすでに1996年の時点で不要となっている。2010年には、それまで「1日4時間」に制限されていた留学生のアルバイト時間が「週28時間」に緩和された。そのため、「留学」の形を取りながら本当は日本にアルバイトをしにやって来た、という学生も少なくない。

 Oさんが在籍する日本語学校にも、アルバイト目的の学生がいるという。留学を斡旋するアジア各国のエージェントが「日本語学校に通いながら、アルバイトができる」と地元の若者に声をかけ、日本語学校に送り込んでいるのだ。「その結果、本来なら留学なんてしないような問題児までが、うちの学校に来るようになりました」(Oさん)。

■ 利益最優先の経営が学生の質を低下させる

 問題留学生の増加によって、日本語学校では想定外の仕事がどんどん増えている。

 たとえば、留学生の出席日数が足りないとビザ更新に響くため、教師は生徒に“モーニングコール”をかけて叩き起こす。留学生がアルバイトをし過ぎて強制送還を食らわないよう、生活指導担当者は留学生の通帳の入金にも目を光らせる。

 しかし、問題留学生は教師や職員の指導を全く意に介さない。挙句の果てに失踪してしまう者もいる。

 留学生の質の低下は、彼らを受け入れる日本語学校の経営スタンスに責任の一端がある。だが、留学生の大多数は、真剣に日本語を学ぶために日本にやって来たのだ。日本語学校は、こうした学生たちの期待に応えなければならない。

[ソース] http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161004-00048005-jbpressz-int&p=1
     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161004-00048005-jbpressz-int&p=2

-----------------------------------------------------

 これって日本のメディアでまったくといいほど扱っていませんが、実際は記事の内容よりひどいのでしょう。たとえば私の住む隣県の短大では特亜(C国)の留学生を迎えたはいいが、その留学生が大量逃亡したという事案も発生したようで、メディアに出るのは氷山の一角なのでしょう。ま~~~ 留学生の中には当然、国に帰って日本で学んだ技術を自国に生かすべく高い理想を掲げている人もいるでしょうが、たぶん そういう人はごく少数なのではないでしょうか。国としては留学生の質の向上をめざすとともに(当然、入国の審査のハードルを上げる)、留学生に国費(日本国民の税金)を払ってまで来てもらうことは即刻とりやめるべき。そしてういた国費は日本の苦学生に回すべきでは。とにかく海外留学生については一考が必要な時期に差し掛かっているのではないでしょうか。


「日本人の行動は文化的な遺産」 日本人サポーターのごみ拾いを表彰 [最近の話題から]

サッカー・ワールドカップブラジル大会では、日本代表は残念な結果に終わりましたが、日本のサポーターたちの行動が現地政府にたたえられ、表彰されることとなりました。

 今回のワールドカップでは、日本人のサポーターが、試合終了後にスタジアムでゴミ拾いをする様子が現地メディアで報じられ、大きな話題となりました。

 この活動に対し、ブラジル・リオデジャネイロの州政府は、「すばらしい行為だ」と表彰することを決定。11日、日本人サポーターを代表する形で在リオデジャネイロ日本総領事館の高瀬寧総領事に表彰状を手渡しました。表彰したリオ州政府の観光局長は、「日本人の行動は文化的な遺産だ」と讃えた上で「再来年のリオオリンピックでは、ブラジル人にも見習ってもらいたい」などと述べました。(12日11:59)

[ソース]http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140712-00000019-jnn-int

 -------------------------------------------------------------------------------

 素晴らしい。そういえば今回の日本の行動が世界的に称賛されたため、日本のマネをしたものの世界的にガン無視された劣化ヒトモドキがいましたナ~~~~。


細川氏が出馬へ 小泉氏と「脱原発」連携 [最近の話題から]

細川護煕元首相が東京都知事選への出馬を決断したことが分かった。「脱原発」を争点に、小泉純一郎元首相から支援を取り付けたい意向だ。

東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、細川護煕元首相(75)が立候補を決断したことが10日午前、複数の関係者への取材で分かった。来週、正式表明する。「脱原発」を主張する小泉純一郎元首相と週明けに会談し、支援を取り付けたい意向だ。

 細川氏は10日、周辺に「出馬を決断する状況になった」と語り、都知事選出馬に向けた準備作業を本格化させる決意を明らかにした。

 細川氏は「脱原発」を争点に、幅広い支持を得たい意向とみられる。このため特定政党の推薦や支持を得ず、無所属で選挙戦を戦う方針だ。

 公約では「脱原発」や財政改革などを柱に訴える。細川氏は東日本大震災以降、脱原発の立場から発言を繰り返しており、年明けには、周辺に「東京都は東電の株式を多数保有している大株主だ。影響力は大きい」と話していた。

 細川氏は昨年、小泉氏と会食し、エネルギー問題で意見交換、脱原発で一致した。都知事選でも、有権者の注目度が高く、脱原発の立場を取る小泉氏の協力を得たい考えで、来週にも小泉氏と会談し、支援を要請する。

 細川氏は熊本県知事を2期務めた後、日本新党を結成。平成5年8月から6年4月まで首相として非自民8党派による連立内閣を率いた。10年に還暦を区切りに政界を引退し、陶芸家として活動していた。

 都知事選にはこれまでに、舛添要一元厚生労働相(65)や日弁連会前会長の宇都宮健児氏(67)、元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)らが立候補の意思を表明している。

[産経デジタル] http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140110/plt14011011230007-n1.html

 -------------------------------

 なんだかな~~~。な~~~んか、変なのしか立候補しない都知事選ってなんな?。でっ、争点が{脱原発}?。国政選挙でなく、都知事選でしょ。でっ、細川護煕元首相ですが、この人 確かに日本国の総理だった人物で間違いはないのですが、でも任期中に何かしら国益にかなうことをやったかというと・・・・・・・・・、思い出せない。記憶にあるのは真夜中に国民福祉税なるものの説明をした際、しどろもどろになったことくらい。はっきり言って政治家の器でもないし、また実務家でもありません。ま~~~、今回の都知事選は都民のモラルが試される選挙になると思うのですが、立候補者のなかにまともな保守は田母神閣下のみというのはいかがなものなのでしょう。前回の参議院選で山本太郎を当選させた東京都民の良識が問われているというのに・・・・・・・・・、立候補予定者のメンツがこれじゃな~~~~。こりゃたぶん投票率は下がるだろうな~~~。

 


nice!(0)  トラックバック(0) 

世界タイトル戦 [最近の話題から]

しかし沸いてますね~ 何が? おとといの世界フライ級タイトル戦ですよ
実は秋田ではTBSのTV放映はないのですが、秋田市内はケーブルTVを通じて見ることができます。でー 本日問題の試合(録画していた)を見たのですが、ハッキリ言って見せ場のない凡戦でした。理由はいろいろあると思うのですが、王者内藤の戦い方はあきらかにポイントで判定勝ちを狙った試合展開ではなかったかと思います。内藤と亀田の力の差は如何ともしがたく、自分が見た印象でも内藤が勝利していました。
問題は試合後のネットを含むメデイアでの、あきらかに意図的に情報操作しているとしか思えない「亀田パッシング」です。相手は、「ケツの青い18歳のガキ」です。たしかに普段でも言動等に問題はあるのですが、「ケツの青い18歳のガキ」を相手に青筋を立ててまくし立てるのも如何なものでしょうか。ま~個人的にはあまり興味がない人間のことなのでどうでもいいことなのですが、明日の「サンデージャポン」の対応が大変楽しみです。


9月の雨 [最近の話題から]

昨日・今日と秋田は雨です。ニュースを見ると東北以外は天気が良いようですね。ま~気温が高すぎるのも問題ですが・・・・  実は昨日・今日と庄内方面に行こうと思ってたのですが、断念しました。ただし、今週末から休みが取れそうなので、天気予報を見ながらになりますが、新潟方面に行こうかなと思っています。・・・・・・あくまで天気次第です。
ブログも1ヶ月半ほっぽっていたので、小刻みに更新はしようかなとは思っているのですが・・・・・


前の5件 | - 最近の話題から ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。