So-net無料ブログ作成
検索選択

IOC、ボートなど韓国開催も検討 会場見直し問題で海の森水上競技場が建設されなければ [今日のシナ・チョン]

東京都による2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の見直し問題で、国際オリンピック委員会(IOC)が現計画の海の森水上競技場が建設されない場合には、代替開催地として韓国を検討していると、国内の大会関係者が18日、明らかにした。関係者によると、IOCは海の森水上競技場の整備費が高額であることから、過去にも韓国案を選択肢として示しており、再度持ち出す可能性があるという。
 IOCのバッハ会長は18日午前に羽田空港着の航空機で来日した。午後2時から、都の小池百合子知事と会談する。IOC副会長で、大会準備を監督する調整委員会のコーツ委員長や日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長も同席する。
 関係者によると、IOC側が想定するのは、13年世界選手権や14年仁川アジア大会で使われた韓国中部、忠州のボート場で、国際規格の2千メートルコース8レーンを備える。
 IOCは14年12月に承認した中長期改革「五輪アジェンダ2020」で、コスト削減などの観点から例外的に五輪の一部競技を国外で実施することを容認している。
 都は開催費などを検証するために設置した調査チームの提言を受け、宮城県登米市の長沼ボート場への変更を検討しており、15日には小池知事が現地を視察した。ただ、遠隔地であることなどから、競技団体や大会組織委員会は反発を強めている。
[ソース] 2016.10.18 10:22 http://www.sankei.com/sports/news/161018/spo1610180011-n1.html

---------------------------------------------------

 な~~~んかな~~~。トバシ記事なのか? 観測気球なのか?。ま~~~、1mmとも南チョーセンでやる必要などないのだが・・・・・・・・・。IOCの横槍か?。東京五輪はもともと東日本大震災の復興をPRするために招致したもの。当然、岩手・宮城・福島でも一部競技をするのが常識だと思うのだが。ところで各競技団体や組織委員会はなんのために東京五輪をやりたいのか聞いてみたいもの。


<中国>国防省前で迷彩服の1000人デモ 軍改革に不満か [今日のシナ・チョン]

[北京・石原聖、台北・鈴木玲子】北京市中心部の中国国防省前で11日、迷彩服姿の元軍人らとみられる約1000人が集まり、抗議デモを始めた。参加者の一人は毎日新聞の取材に「退職後の手当てが不十分なまま人員が削減されることへの不満だ」と目的を語った。習近平指導部が昨年から断行する兵力30万人削減など大規模な軍改革への不満が背景となった抗議活動の可能性が出てきた。元軍人らによるデモは中国の地方都市では散発的に発生しているが、首都・北京の軍中枢での大規模デモは極めて異例だ。

現場は北京の目抜き通りである長安街沿い。「八一大楼」と呼ばれる国防省のビル周辺で、中国人民解放軍の最高指導機関である中央軍事委員会のオフィスもビルに入る。AP通信によると、数百人の警官隊が出動。双方のにらみ合いは深夜に及んでいる。現場周辺は一般市民が立ち入れない「軍事禁区」であり、軍の上層部が黙認している可能性がある。

 中国の民間組織「民生観察」のサイトによると、参加者の一部は「河北・志願兵 軍人の尊厳を」などと書かれた横断幕を掲げていた。志願兵は軍の部隊で10年以上の長期間兵役に就くが、除隊後に仕事のあっせんなどがなく、失業状態になる者もいるといわれる。

[ソース] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000002-mai-cn

------------------------------------------------

 ふ~~~ん、春秋戦国時代の到来か?。中共内部は相当、権力・利権争いで混乱しているみたいだし。今後の報道が待たれるのだが~~~~~~。たぶん、流れないでしょうね~~~~~。あの国ですから。

リオ五輪&パラメダリストがパレード 内村、吉田らに大歓声 [今日の出来事]

 リオデジャネイロ五輪・パラリンピックのメダリスト合同パレードが7日、都内で行われ、五輪のレスリング女子の伊調馨(32=ALSOK)、吉田沙保里(33)や体操男子2冠の内村航平(27=コナミスポーツ)、競泳男子の萩野公介(22=東洋大)ら日本代表選手が、沿道を埋め尽くした人々の歓声に笑顔で応えた。

 五輪代表50人、パラリンピック代表37人の計87選手がオープンバスなどに分乗して中央区の銀座8丁目交差点をスタート。ファンの声援に見送られ、日本橋室町の三井不動産本社前までの中央通り約2.5キロのコースをパレードした。主催者発表によると、沿道の観覧者は約80万人で、4年前のロンドン五輪の約50万人を上回った。

 虎ノ門ヒルズ近くでの出発式には、吉田、車いすテニス女子の上地結衣(22=エイベックス)が出席し、あいさつを行った。

 競泳女子の金藤理絵(28=Jaked)や同男子の瀬戸大也(22=JSS毛呂山)、男子テニスの錦織圭(26=日清食品)、陸上男子の山県亮太(24=セイコーホールディングス)、車いすテニス男子の国枝慎吾(32=ユニクロ)らは遠征などのため欠席した。

[ソース] http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000098-spnannex-spo 10月7日(金)11時16分配信

-----------------------------------------------------------------

 日本代表選手の皆さん(メダルに届かなかった選手を含め)、ご苦労様でした。

 でっ、本題に移ります。 日本でこのような盛大なイベントがあると必ずといっていいほど日本のマネするミンジョクがお近くにありますが・・・・・・・・・、今回はどうするんですかね~~~。ちなみに前回のロンドン五輪の時はマネをしたところ、あちらは豪雨だったようです。(笑) 当然、日本は快晴でした。


素行不良の外国人留学生、続々と日本に上陸中 [最近の話題から]

「これほど増えるとは予想していませんでした」――ここ数年、法務省入国管理局も驚くほど、日本への留学生が増加している。

 2015年度はついに20万人の大台を超えた。背景には2008年に日本政府がぶち上げた「留学生30万人計画」がある。優秀な留学生を取り込む一方で、将来の人口減少を外国人材の定住で補おうという政策だ。

 しかし、日本語学校の一部からは「“問題留学生”はもういらない」という声も聞こえてくる。九州の日本語学校で日本語教師をしていたAさんは、「留学生の数は、もはや管理能力を超えています。お手上げ状態です。日本語教師や職員の負担は増えるばかりで、私も体を壊して辞職しました」と打ち明ける。

 「留学生が引き起こす近隣住民とのトラブル、ケンカ、窃盗、果ては強姦未遂。こんな状況が続けば、あの日本語学校は不法行為を行う外国人の温床になってしまいます」とAさんは危機感を募らせる。

 当時、Aさんは日本語の指導だけではなく、学生の生活指導の責任者も務めていた。留学生を生活指導する難しさをAさんはこう語る。

 「ゴミを分別しろと言ってもやらないし、スーパーの傘立てに置いてある他人の傘をサービスと勘違いし勝手に持ちかえることもしょっちゅう。そんなのはまだかわいいほうで、隣の部屋の音に腹を立ててナイフを持って脅しに行ったり、不法就労の仲介人と結託して日本国内を逃げ回る留学生もいました」
■ 「適正校」制度で荒稼ぎする日本語学校

 こうした問題留学生が増えた原因はさまざまだが、関西のある日本語学校の職員Oさんは、直接的な原因は経営側にある指摘する。

 「当校では、どんな留学生でもいいからどんどん入学させろと経営幹部が指示するんです。実は当校は他校よりも留学ビザが下りやすい。これを利用して儲けない手はないというわけです」

 他校より留学ビザが下りやすいのは、この日本語学校が「適正校」に認定されているためだ。日本には入国管理局の一定の基準をクリアした適正校が約550校ある。適正校の認定があれば、ビザ申請に必要な書類の種類はほぼ半分で済む。

 適正校になるには、不法残留の発生率を5%以下にとどめることが条件だ。経営者の中には適正校の認定を死守するために、留学生全員のパスポートを取り上げて学生を管理するところもあるという。

 「当校の経営陣は利益最優先です。教育理念があるとはとても思えません」(Oさん)

 通常、日本語学校の1クラスの定員は20人だが、中には売り上げを増やすためにそれ以上の人数を詰め込むところもある。入国管理局は日本語学校に、留学生をきちんと選抜するよう繰り返し要請しているが、当の日本語学校は馬耳東風だ。

■ 現地の問題児が入学してくる

 問題留学生が増加した原因をさらに探っていくと、入管法の緩和に突き当たる。「留学生30万人計画」の発表直後に行われた2009年の入管法の改正で、それまでと比べて外国人が日本に留学しやすくなったのだ。

まず「適正校」ならば、留学ビザの発給に必要な提出書類の種類が、実質的に従来の約半分で済むようになった。また、従来は一度日本に渡航しなければ認められなかった入学も、「渡日前入学許可制度」の利用でその必要がなくなった。

 ここ20年で、入管法が大幅に緩和されていることは間違いない。身元保証書もすでに1996年の時点で不要となっている。2010年には、それまで「1日4時間」に制限されていた留学生のアルバイト時間が「週28時間」に緩和された。そのため、「留学」の形を取りながら本当は日本にアルバイトをしにやって来た、という学生も少なくない。

 Oさんが在籍する日本語学校にも、アルバイト目的の学生がいるという。留学を斡旋するアジア各国のエージェントが「日本語学校に通いながら、アルバイトができる」と地元の若者に声をかけ、日本語学校に送り込んでいるのだ。「その結果、本来なら留学なんてしないような問題児までが、うちの学校に来るようになりました」(Oさん)。

■ 利益最優先の経営が学生の質を低下させる

 問題留学生の増加によって、日本語学校では想定外の仕事がどんどん増えている。

 たとえば、留学生の出席日数が足りないとビザ更新に響くため、教師は生徒に“モーニングコール”をかけて叩き起こす。留学生がアルバイトをし過ぎて強制送還を食らわないよう、生活指導担当者は留学生の通帳の入金にも目を光らせる。

 しかし、問題留学生は教師や職員の指導を全く意に介さない。挙句の果てに失踪してしまう者もいる。

 留学生の質の低下は、彼らを受け入れる日本語学校の経営スタンスに責任の一端がある。だが、留学生の大多数は、真剣に日本語を学ぶために日本にやって来たのだ。日本語学校は、こうした学生たちの期待に応えなければならない。

[ソース] http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161004-00048005-jbpressz-int&p=1
     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161004-00048005-jbpressz-int&p=2

-----------------------------------------------------

 これって日本のメディアでまったくといいほど扱っていませんが、実際は記事の内容よりひどいのでしょう。たとえば私の住む隣県の短大では特亜(C国)の留学生を迎えたはいいが、その留学生が大量逃亡したという事案も発生したようで、メディアに出るのは氷山の一角なのでしょう。ま~~~ 留学生の中には当然、国に帰って日本で学んだ技術を自国に生かすべく高い理想を掲げている人もいるでしょうが、たぶん そういう人はごく少数なのではないでしょうか。国としては留学生の質の向上をめざすとともに(当然、入国の審査のハードルを上げる)、留学生に国費(日本国民の税金)を払ってまで来てもらうことは即刻とりやめるべき。そしてういた国費は日本の苦学生に回すべきでは。とにかく海外留学生については一考が必要な時期に差し掛かっているのではないでしょうか。