So-net無料ブログ作成
検索選択

大使追放、断交も検討か=北朝鮮に反発-マレーシア [今日のシナ・チョン]

クアラルンプール時事】ロイター通信は23日、マレーシア政府高官の話として、金正男氏殺害事件を受け、マレーシア政府が北朝鮮大使の追放や断交を検討していると報じた。
 それによると、マレーシア政府は事件捜査をめぐる北朝鮮からの批判に反発。北朝鮮の康哲駐マレーシア大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外追放することのほか、平壌にあるマレーシア大使館の閉鎖、ビザなし渡航の取りやめが選択肢として検討されている。
 北朝鮮からの批判がやまない場合には、すべての外交・通商の断絶もあり得るという。(2017/02/23-21:59)

[ソース] http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022301367&g=prk

--------------------------------------------------------------------

 例の「金正男殺害事件」(北チョンの介入)に関するマレーシア政府の対応らしいです。ま~~~、神対応といっていいでしょう。でっ、これが健全なごくごく普通の国家の対応なんだろうな~~~ っというのが私の私見です。最近、某国への対応が普通になってきている日本政府も、この対応を是非 是非 見習っていただきたいものです。そういえば先日も「竹島の日」で来日した南チョンが大阪で発狂して拘束されていましたが・・・・・・・・、こんな連中をなんで入管は入国を許可するの?。即、強制送還が常識でしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。