So-net無料ブログ作成
検索選択

駐韓大使ら一時帰国へ=少女像設置へ対抗措置―政府 [今日のシナ・チョン]

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに関し、(1)長嶺安政駐韓大使、森本康敬釜山総領事の一時帰国(2)在釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ(3)日韓通貨スワップ(交換)協議の中断(4)日韓ハイレベル経済協議の延期―の対抗措置を当面取ることを明らかにした。(時事通信)
[ソース] https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/regist/input

 ---------------------------------------------------------------------

 ついに日本政府 やってくれましたね~~~。素晴らしい!!!。とっいうことは当然 アメリカ政府の了解があったものなのでしょう。これによってボールは南チョーセンにあるわけで ・・・・・・・・、おもしろい 展開が今後 見れるようです。なんせ、海外との条約や自国の法よりポピュリズムを優先する自称法治国家ですから、南チョン政府の対応によってはふたたび「ローソクフェステイバル」が起こるんでしょうね~~~。でっ、通貨スワップの協議は当然、南チョン政府の対応によっては中断が長引く可能性が大。

 ま~~~、南チョン政府が今まで おこなってきた反日教育により、南チョーセン人の愚民化は多いに加速したようで、新年早々 わくわくする展開になってきたようです。南チョン政府はどっちに舵をきっても地獄だよな~~~~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。