So-net無料ブログ作成
検索選択

忠義な猫の碑 [地域探訪]

 

 ま~~~、忠犬というのはよく聞きますが、忠猫というのは聞いたことがなく、珍しいものです。(ことばとしてあまり認識されていないのでは・・・・・・・・) でっ、この忠猫の碑が横手市にあります。場所は旧平鹿町の浅舞公園。碑にはメス猫のレリーフと忠猫の文字が刻まれています。

image30025.jpg

 平鹿郡浅舞村の伊勢多右衛門(1833-1914)は慈善家として知られていた。

 凶作などの時、困窮した民衆を救うため感恩講を組織し、倉庫に米を備蓄した。また、人々に憩いの場を提供するため、私財を投じて浅舞公園の工事にかかった。だが、野ねずみが大量に発生し、倉庫の米を食いあさり、公園の樹木や側溝、堤までも破損させた。多右衛門は深く狼狽えた。すると多右衛門が飼っていたメス猫が、主人の願いをくんでネズミを退治した。

 1907(明治20)年2月15日、猫は13歳で亡くなるまで、日夜 ネズミ退治に明け暮れた。こうして民衆のいのちを守る感恩講の米は守られ、浅舞公園も完成した。多右衛門は世にも稀な、この忠義な猫の功績を後世に末永く伝えたくて、ここに碑を建立したのだった。 (現地の説明板から)


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。